生活の知恵

サランラップとクレラップの違いは?特徴は?オススメ食品用ラップを紹介

こんにちは、すし太郎です。

日々の生活に欠かせない必需品となった「食品用ラップ」。

あなたの台所にも必ず常備してあるのでは無いでしょうか?

しかし、スーパーに行くと「食品用ラップ」にはサランラップとクレラップの2種類があるのはご存知でしょうか?

このサランラップとクレラップは似ているようで少しだけ特徴が違います。

今日は、知っているとちょっと得するラップの違いを分かりやすく説明します。

「サラダ」の画像検索結果

そもそも食品用ラップとは?

一般的に「食品用ラップ」と言えば、食品用ラップフィルムを指します。

この食品用ラップフィルムは樹脂から作られ、樹脂フィルムとも呼ばれます。

この食品用ラップは主な用途が肉や野菜、料理を盛ったお皿を包んで使用するということから、限りなく薄い作りになっています。

その薄さは何と、たったの「10数μ」。

こんなに薄くても、マイナス60℃の低温から150℃の高温といった幅広い温度帯に耐えることができます。

食品用ラップの主な使用用途は?

食品用ラップは熱に強い特性を持つことから、食材や料理の保存はもちろんのこと、化学実験でも使われる事が多いです。

冷凍庫で品質を落とさずに食品を保存できるのも、保存していた食品を電子レンジで温める事が出来るのも、全て食品用ラップの発明があったからと言っても過言ではありません。

▼知っておくと得する食中毒知識はこちらから。ラップを使えば食中毒のリスクから身を守れます。

www.sushi4taro.com

www.sushi4taro.com

次にサランラップとクレラップそれぞれの特徴を説明していきます。

サランラップとは?

「サランラップ」の画像検索結果

「サランラップ」は日本で最も有名な食品用ラップです。

このサランラップという名称は製品名で、サランラップという名称が広く浸透してしまった為、日本で食品用ラップと言えば多くの人はサランラップを真っ先にイメージしてしまいます。

サランラップの製造元は?

サランラップを製造するのは化学製品の製造で有名な旭化成です。

化学技術の製造に強い旭化成の技術を注ぎ込んで作られたのが、「ピッと切れて、ピタッと密着、気持ちいい。」というコンセプトのサランラップです。

サランラップの特徴は?

何と言ってもサランラップが1番特徴的なのは、その使い易さです。

公式HPにもある通り、このサランラップは本当に簡単に切れて、密閉させることが出来ちゃいます。

密閉が簡単だから、食材の鮮度を長く保つことが出来ね、食材の匂いが漏れないから他の食品に匂いが移りません。

サランラップの値段と材料は?

近くのホームセンターでサランラップの値段と材料を調査してきました。

サランラップは30cm×50mで税込383円でした。

サランラップの原材料はポリ塩化ビニルデン、添加物は脂肪酸誘導体、エポキシ化植物油です。

クレラップとは?

「クレラップ」の画像検索結果

クレラップは日本で初めて商品化された食品用ラップフィルムです。

製造された年は1番有名なサランラップよりも早く、日本における食品用ラップの元祖となった製品です。

クレラップの製造元は?

クレラップの製造元はクレハという化学メーカーです。

クレハは主に農薬、医薬品、化学薬品を開発・販売するメーカーで、化学力が武器の会社のようです。

このクレハが開発したNewクレラップは、サランラップと並んで生活の必需品となっています。

クレラップの特徴は?

クレラップの特徴は何と言っても、その商品コンセプトです。

「いちばんうれしいラップになろう」。

というコンセプトのもと、クレハは高品質の商品開発を続けています。

クレラップの値段と材料は?

近くのホームセンターでクレラップの値段と材料を調査してきました。

NEWクレラップは30cm×50mで税込365円でした。

NEWクレラップの原材料はポリ塩化ビニルデン、添加物は脂肪酸誘導体、エポキシ化植物油です。

クレラップは安全性を重視した商品作りを徹底

クレラップは安全を重視した商品作りを徹底していて、植物由来の原料を使ったプラスチック刃を発明しています。

その為、小さなお子さんでも安全に扱う事ができます。

この様な配慮の為、幼稚園や小学校、各家庭でこのクレラップを選ばれる事も多く、食育授業等でも貢献しています。

オススメの食品用ラップは?

おすすめのラップはクレラップです。同じ様な特徴、品質でありながらクレラップの方が18円程安く販売されているので、安い方を購入するのがオススメです。

まとめ

  • サランラップとクレラップは別物
  • サランラップの特徴は切れやすく、密閉しやすく、料理に最適
  • クレラップの特徴は、環境に配慮した日本初の食品用ラップフィルム

性能に大きな差はありません。

どっちを買おうか迷った時は、安い方を購入しましょう。

今回初めて、ラップの違いを調べましたが、ラップといっても別物なんですね。

とても勉強になりました。

使い勝手や使うシーンというのは人それぞれなので、自分の好きな方や安い方を選んで購入すると良いですね(^O^)

少しでも、参考になれば幸いです。

byすし太朗

▲本記事で紹介した食品用ラップおさらい

ABOUT ME
すし太朗
すし太朗
某食品メーカーで研究職をしています。 得意: 乳酸菌、腸活、微生物、殺菌、善玉菌 趣味:ゴルフ、スポーツ観戦、ドラマ鑑賞、料理 専門の微生物学の知識を活かして、「誰かの生活を良くする情報発信」を心がけて、腸活情報や乳酸菌サプリのレビュー、除菌剤レビューを行っています。 発酵で生活を豊かに!がモットー

コメントを残す