生活の知恵

2020年まであと僅か!キャッシュレス経済のメリットは?デメリットは?

日本は2020年に完全キャッシュレス化に向けて動き出しました・

キャッシュレス化社会の到来 に向けて、「何のメリットがあるのか?」、「デメリットはないのか?」、「自分も使いこなせるのか?」と不安に思いませんか?

キャッシュレス化社会と言っても、具体的なイメージが付かない為、上記の様な悩みを持つ人は多いです。

今日はそんな、キャッシュレス化社会の到来に不安を感じる人の疑問を取り除く為、普段から支払いはクレジットカード一本の筆者が キャッシュレス化社会のメリット・デメリット を解説します。

キャッシュレス決済とは?

キャッシュレス決済とは文字通り、「キャッシュレスで支払う事」です。

身近の物では下記のキャッシュレス決済があります。

  • 銀行口座振替
  • クレジット、デビッド、プリペイドカード
  • 電子マネー ICカード、Pay、Edy
  • 金券 ギフト券、ビール券、お米券など
  • 仮想通貨 ビットコインなど

上記の様に、クレジットカードや電子マネーなど既に生活の一部となっていてとても便利な仕組みもたくさんあります。

しかし、キャッシュレス支払いへの完全移行にはメリットはもちろん、デメリットも多数あります。

そこで、キャッシュレス支払いのメリット、デメリットをまとめます。

キャッシュレス支払いのメリットは?

キャッシュレス支払いのメリットは下記の4つです。

  • 支払いがスムーズになる
  • 現金を持ち歩く必要がない
  • 家計簿をつけ易くなる
  • お店側の管理が楽になる

支払いがスムーズになる

お釣りの計算、お金の手渡しがなくなる為、支払いがスムーズになって時短に繋がります。

お客さんにとってもお店にとっても、支払いの手間が減ることはとてもメリットがあります。

現金を持ち歩く必要がない

スマホやカードを持ち歩けば支払いができる為、現金を持ち歩く必要がなくなり、身軽になります。

また、お金を落とす心配がなくなるので、安心です。

家計簿をつけ易くなる

家計簿アプリと連携すれば、「いつ、何に、どれだけ使った」のかを自動で記録してくれる為、家計の管理が楽になります。

家計簿アプリお勧めなのは、無料で利用できるMoney Forwardです。

お店側のお金の管理が楽になる

お店側も毎日のレジ締め等の作業が無くなり、売上の管理が楽になります。

また、お釣りの渡し間違いも無くなるというメリットもあります。

さらには現金を常備しておく必要が無いので、強盗のリスクも低くなるという意外なメリットもあります。

上記の様なメリットがたくさんある反面、デメリットも数多く存在します。

キャッシュレス支払いのデメリットは?

キャッシュレス化が進むと困ってしまうデメリットは下記の通りです。

  • 割り勘、お金の貸し借りが出来なくなる
  • キャッシュレス支払いを利用できるお店が限定される
  • 現金がない為に、ついつい使い過ぎてしまう可能性がある
  • 有事の際に現金が必要となった場合、手元に現金が無くて困る

割り勘、貸し借りの対応が出来なくなる

現金がないので基本的に割り勘や、貸し借りが出来なくなってしまいます

一部、LINE Payでは割り勘機能に対応していますが、その他多くの制度では割り勘が出来ません。

割り勘は日本独自の特殊な文化ですが、飲み会で割り勘が出来なくなると困る人も多いですね。

キャッシュレス支払いを利用できるお店が限定される

現在の日本の普及率では、全国どこでもキャッシュレス支払いができる訳ではありません。

その為、自分が使っている制度によっては、キャッシュレス支払いができない場合があります。

ふらっと立ち寄ったお店でキャッシュレス化払いが出来ないと困りますね。

現金がない為に、ついつい使い過ぎてしまう可能性がある

手元に現金がない分、必要以上にキャッシュレス支払いを利用してしまい、後で多額の請求が来る可能性もあります。

普段から、お金の管理が出来ない人には利用しない方が良いサービスであるとも言えます。

有事の際に現金が必要となった場合、手元に現金が無くて困る

キャッシュレス化の1番のデメリットは、地震や津波で停電になった時にキャッシュレス支払いが全く出来なくなる可能性がある事です。

実際に私も地震による停電が発生した時は現金を持ち歩いておらず、カードも使えない為、とても苦労した思いでがあります。

そんに時に、キャッシュレス支払いだけに頼りきっていると食べ物も飲み物も買えなくて悩む事が想定できます。

このデメリットを考えると 完全にキャッシュレス化に移行するのは危険 だと、感じます。

各国のキャッシュレス化の動きは?

世界各国を見渡すとキャッシュレス化に成功したキャッシュレス化先進国が存在します。

  • 中国
  • スエゥーデン
  • インド

上記の3か国は特にキャッシュレス化が進み、キャッシュレス化先進国ビッグ3と呼ばれています。

キャッシュレス化先進国 中国の現状は?

中国ではスマホを持つ人の 98%以上がキャッシュレス支払いを利用 していると言われています。

☑︎中国インターネット発展情報統計より

中国のモバイル決済普及の背景はニセ札の出回りが増え、犯罪が多発した事。

この犯罪に頭を悩ませた政府が犯罪防止のため、キャッシュレス化に踏み切ったと言われています。

こうした中国のニセ札の背景もあり、モバイル決済を含めたキャッシュレス化が加速したと言われています。

キャッシュレス化先進国 インドの現状は?

インドでは201611月に国民への通告なしに突然、最高紙幣である「1000ルピー」と「500ルピー」を廃止しました。

最高貨幣を廃止した理由は、ブラックマネーと呼ばれる不正蓄財やニセ札の排除を目的としたと言われています。

国に管理された電子決済によって、お金の流れを把握できるというメリットがあり、国を挙げてキャッシュレス化に踏み切ったと言われています。

キャッシュレス化先進国 スウェーデンの現状は?

スウェーデンは最もキャッシュレス化が成功している国と言われています。

銀行主体で始まったこの取り組みは、開始当初こそ国民からの反発がありましたが、現在では小さい町のパン屋でもキャッシュレス化支払が利用でき、国民の生活に浸透しています。

キャッシュレス化のメリット・デメリットまとめ

キャッシュレス化の特徴、メリット・デメリットをまとめました。

キャッシュレス支払いは現金を持つ必要が無く、決済がスムーズな為、とても便利な制度ですが、デメリットがある事も考慮に入れなければ行けません。

今後、日本でも2020年東京オリンピック開幕までにキャッシュレス化に向けた動きが加速する流れとなっていくので、キャッシュレス化先進国を参考にし、情報に乗り遅れない様にしましょう。

byすし太朗

ABOUT ME
すし太朗
すし太朗
某食品メーカーで研究職をしています。 得意: 乳酸菌、腸活、微生物、殺菌、善玉菌 趣味:ゴルフ、スポーツ観戦、ドラマ鑑賞、料理 専門の微生物学の知識を活かして、「誰かの生活を良くする情報発信」を心がけて、腸活情報や乳酸菌サプリのレビュー、除菌剤レビューを行っています。 発酵で生活を豊かに!がモットー

コメントを残す