生活の知恵

大学生におすすめな安いパソコンを元理系学生がまとめてみた。高い生協パソコンに手をだすな!

大学生 ノートpc フリー素材 に対する画像結果

こんにちは。

菌活推進ブロガーのすし太郎です。

各地で大学の入学式も行われ、大学生活のスタートに心を躍らせている人も多いのではないでしょうか??

www.sushi4taro.com

学生生活が始まると、授業のレポートやサークル活動、趣味のネットサーフィン、就活でのES(エントリーシート)作成、卒業論文作成と高校時代に比べ、パソコン(PC)を使用する機械も多くなります。

学生生活の始めのころは、大学の図書館のPCを活用すれば自分のPCを持っていなくても何とかなるかもしれませんが、部活やアルバイトが始まると、自宅にPCがなくては面倒だと感じるようになるでしょう。

そうなってくると、PCの購入を考える人も多くなるはず。

しかし・・・・・

絶対に大学の生協で推奨・販売しているパソコンを購入してはいけません。

もし、誤って購入してしまったら絶対に後悔します。

このブログでは、元理系大学生だったすし太郎の実体験をもとに大学生活に必要なPCや生協PCを購入してはいけない理由をまとめました。

このブログの目的

全く役に立たない高額PCを売りつけてくる生協から、何も知らないピュアな心を持つ大学新入生を守る事。

このブログを読み終わると

毎年多発する、生協PCによる新入生のPC被害を防ぐことができる。

・大学生のPC使用用途は?

まず、PCを購入する前に大学生っていつPCを使うのって疑問に思いませんか?

結論から言うと・・・ほとんど使いません。笑

以下に使用頻度が高い順番に、PCの使用用途を列記します。

  1. 動画視聴・ネットサーフィン
  2. レポート作成
  3. 就活時のES作成
  4. 卒論・修論作成

使用頻度の1位が動画視聴とネットサーフィンです。笑

大学生になると暇になることも多いので、1位がこの理由なのは仕方がないですね。

・パソコンの使用頻度は?

上記でも説明しましたが、大学生の主なPC使用用途はネットサーフィンです。

2位~4位の理由も使用頻度もほとんど高くありません。

そんなわけないじゃん!!大学生って忙しいでしょう??て思う方も多いかと思います。

忙しい?? そんな訳ありません。笑

忙しいと言われる、理系しかも旧帝理系の大学院でも死ぬほど忙しいことなんて絶対にありません。

全部、時間の使い方で何とでもなります。

ましてや、文系の方はPCを毎日イジルことなんてほばありません。

レポート作成は大学の図書館PCで、ES作成はスマホでも出来ます。

卒論・修論は大学生活の後半になって発生するタスクなので、この時期になって必要だと感じれば社会人になっても使えるようなPCを選ぶといいでしょう。

・必要なスペックは?

OS

WindowsとMacで悩んだ場合、強いこだわりが無ければ、大学生になって初めて購入する最初の1台は【Windows】にしましょう。

1番無難に使いやすいのがWindowsです。

ソフト

レポートや卒論作成時に使用することが多い、Word、Excel、PowerPointが最初から入っているPCを選びましょう。

もし、これらのソフトが入っていないと後々、自分で購入してインストールしなればいけません。

形・大きさ

ノートパソコンかつ薄いPCをお勧めします。

大きさはディスプレイの大きさが11.6インチ以上のものを購入すると、画面が見づらいう悩みも起きません。

ただし、タブレットは購入厳禁です。

PCとして使う場合、使いにくくて仕方がありません。

上記のPCは10万円もあれば、国産メーカーも外国の安価なPCも自分の好みで購入できるでしょう。

・生協PCのスペックについて

 毎年、SNSや2チャンネルでこんな声が聞こえてきます。

「生協PCは価格が高い」

調べてみると、生協PCはPanasonic製のレッツノートという機種が販売されていて値段は約14万円(定価は17万円)

確かに高い。

レッツノートは壊れにくいという頑丈な構造であること、最低限のスペック、バッテリーの持ちが良いという点から企業で使うPCとして、社会人には愛されています。

▲レッツノートのスペック

・CPU: Core m3-6Y30

・メモリ: 4GB

・SSD: 128GB

・重量: 745g

・バッテリー駆動時間: 11.5時間

ただし、大学生に頑丈であるというメリットはあまり必要ありません。

私の周りにもこの生協PCを購入し、後々もっとオシャレで安いPCを買ったほうが良かったと後悔していた友人が多くいました。

幸い、私はPCに詳しい父のおかげで安くてオシャレなPCを購入していましたから、父には感謝ですね。

「生協PCが高い」、「10万円以下でもっと良いPCが購入できる」という声が多いのも理解できますね。

・おすすめPCは?

先にものべましたが、おすすめのPCは

  • Windows
  • WordExcelPowerPointのソフトがインストールされている。
  • 薄くて軽いノートパソコン
  • 10万円以下

といった、使いやすさ、持ち運びを意識したコンパクトなモデルになります。

この条件をみたすノートパソコンは

【国産メーカー部門】

このダイナブックは私が大学院1年の夏に購入し、6年経過した今でも現役で使い続けています。

本当に使いやすいし、持ち運びも便利!

ノートパソコンとして最強のモデルだと思います。

【海外メーカー部門】

  • 大学生は勉強よりもネットサーフィンに最もPCを使う。
  • 大学1年~3年前半まではPCは必要ない。
  • 大学生は実際、PCを使う機会は少なく、就活や卒論等で必要になってから購入しよう。
  • 生協のPCは社会人におすすめなPanasonic製レッツノート。
  • その為、価格が高くデザインはシンプル。
  • PCを購入するなら生協PCは避けよう。
  • おすすめPCはWindows、Office搭載型、薄くて持ち運び可能なノートPC。

いかがでしたか??

人生初めてのPC購入は情報もなく、必要以上のスペックのPCを買ってしまう可能性があります。

生協パソコンに14万出すなら、ネットで半額程度のノートパソコンを購入して、残りのお金で旅行にいくのがいいと思います!人生観広がりますしね!

www.sushi4taro.com

パソコンに購入に迷ったときは、間違いなくネットで買うのをおすすめします!

by すし太郎

コメントを残す