ガジェット

【内部リーク】生協パソコンはコスパ最悪?理系大学生に本当におすすめなノートパソコンを紹介

大学生 ノートpc フリー素材 に対する画像結果

「理系の大学生ってノートパソコンを使うの?」、「どんなスペックのノートパソコンが必要?」。

大学入学前にノートパソコンを購入する時、多くの人はどんなノートパソコンを購入する必要があるのか分からないため、必要以上のハイスペックPCや低スペックPCを買ってしまって後悔します。

大学生の兄弟や知り合いがいれば、事前にどんなノートパソコンが必要か分かりますが、そうでないと間違ったノートパソコンを購入してしまうので、注意が必要。

実際に、私の周りにも低スペックでとにかく価格の高い「生協パソコン」を購入してしまい後悔してしまった友人も多かったです。

僕もパソコンに詳しい友人がいなければ、あの時、「ただ高いだけの低スペックパソコン」を買うところでした。

この記事では、国公立大学の理系学部を卒業した経験をもとに、理系学生におすすめなノートパソコンを紹介いたします。

大学生がパソコンを選ぶ際に確認した方が良いポイント

大学で使うノートパソコンを購入する時には、必ず必要最低限のスペックが必要です。

その必要なスペックを持っているパソコンであれば、最低限の役割を果たすためよく注意して選びましょう。

そのスペックとは、

  • Officeを搭載している
  • 薄くて軽い
  • 価格が安い

Officeを搭載している

理系の大学生は実験のレポート作成や、卒論の発表資料作成でWord(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)を多用します。

ノートパソコンの中には、低価格で販売するために上記のOfficeがインストールされていない製品もあります。

しかし、理系大学生にとっては上記のOfficeは必須になるので、予めインストールされたノートパソコンを購入するのをお勧めします。

薄くて軽い

友人と大学や自宅ででレポートを書く時には、ノートパソコンを持ち歩きます。

また、就職活動が始まったらエントリーシートの記入やメールの送受信の為にノートパソコンを持ち歩く必要が出ます。

その時に、分厚くて重いノートパソコンだと持ち運びに苦労するので、軽くて薄いノートパソコンがおすすめです。

ただし、モニターサイズは11.6インチがおすすめ。

それより小さいサイズだと画面が見にくくて作業性が悪くなるので、モニターサイズに注意しましょう。

価格が安い

大学生のパソコン選びで1番重要なのが値段です。

ノートパソコンは、搭載するソフトやスペックによって値段はピンキリです。

しかも、社会人になるとほぼ自分のノートパソコンは使わなくなるので大学生のうちは安いパソコンを選びましょう。

もし、社会人になって自分のノートパソコンが必要な人はその時に自分の目的に見合ったスペックのパソコンを買えばいいです。

Macみたいにおしゃれで高性能なパソコンはありますが、大学生のうちでは不用なので必要になったら購入するのをお勧めします。

私も、スタイリッシュさに憧れてMacを購入しましたがすぐに、買ったことを後悔したので、Macの購入に悩んだら一度考えてみましょう。

生協PCはコスパ最悪。購入はやめた方が良い

毎年、SNSや2チャンネルでこんな声が聞こえてきます。

「生協パソコンは価格が高い」

調べてみると、生協PCはPanasonic製のレッツノートという機種が販売されていて値段は約14万円(定価は17万円)

確かに高い。

レッツノートは壊れにくいという頑丈な構造であること、最低限のスペック、バッテリーの持ちが良いという点から企業で使うPCとして、社会人には愛されています。

▲レッツノートのスペック

  • CPU: Core m3-6Y30・メモリ: 4GB・SSD: 128GB
  • 重量: 745g
  • バッテリー駆動時間: 11.5時間

ただし、大学生に頑丈であるというメリットはあまり必要ありません。

私の周りにもこの生協PCを購入し、後々もっとオシャレで安いPCを買ったほうが良かったと後悔していた友人が多くいました。

幸い、私はPCに詳しい父のおかげで安くてオシャレなPCを購入していましたから、父には感謝ですね。

「生協PCが高い」、「10万円以下でもっと良いPCが購入できる」という声が多いのも理解できますね。

大学生におすすめなノートパソコン

先にものべましたが、おすすめのPCは

  • Windows
  • WordExcelPowerPointのソフトがインストールされている。
  • 薄くて軽いノートパソコン
  • 価格が安い(10万円以下

といった、使いやすさ、持ち運びを意識したコンパクトなモデルになります。

この条件をみたすノートパソコンを国産メーカーと外国産メーカーで分けて紹介いたします。

国産メーカーのおすすめノートPC

国産メーカーの特徴は品質が高いこと。海外メーカーに比べて、価格は高めですがその分、細部まで品質管理が徹底されている印象です。

1度ノートパソコンを購入したら、出来るだけ長く使いたいと言う人には国産メーカーのノートパソコンをおすすめします。

このダイナブックは私が大学院1年の夏に購入し、6年経過した今でも現役で使い続けています。

本当に使いやすいし、持ち運びも便利!

ノートパソコンとして最強のモデルだと思います。

海外メーカー部門

海外メーカーのノートパソコンの特徴はとにかく安いこと。

国産メーカーのノートパソコンに比べ、どうスペックのPCでも安く、コスパが良いものが多いです。

あまり、パソコンにこだわりが無いと言う人には安くて、使い勝手のいい海外メーカーのノートパソコンがおすすめ。

大学生のPC使用用途は?

まず、PCを購入する前に大学生っていつPCを使うのって疑問に思いませんか?

結論から言うと・・・ほとんど使いません。笑

以下に使用頻度が高い順番に、PCの使用用途を列記します。

  1. 動画視聴・ネットサーフィン
  2. レポート作成
  3. 就活時のES作成
  4. 卒論・修論作成

使用頻度の1位が動画視聴とネットサーフィンです。笑

大学生になると暇になることも多いので、1位がこの理由なのは仕方がないですね。

パソコンの使用頻度は?

上記でも説明しましたが、大学生の主なPC使用用途はネットサーフィンです。

2位~4位の理由も使用頻度もほとんど高くありません。

そんなわけないじゃん!!大学生って忙しいでしょう??て思う方も多いかと思います。

忙しい?? そんな訳ありません。笑

忙しいと言われる、理系しかも旧帝理系の大学院でも死ぬほど忙しいことなんて絶対にありません。

全部、時間の使い方で何とでもなります。

ましてや、文系の方はPCを毎日イジルことなんてほばありません。

レポート作成は大学の図書館PCで、ES作成はスマホでも出来ます。

卒論・修論は大学生活の後半になって発生するタスクなので、この時期になって必要だと感じれば社会人になっても使えるようなPCを

  • 大学生は勉強よりもネットサーフィンに最もPCを使う。
  • 大学1年~3年前半まではPCは必要ない。
  • 大学生は実際、PCを使う機会は少なく、就活や卒論等で必要になってから購入しよう。
  • 生協のPCは社会人におすすめなPanasonic製レッツノート。
  • その為、価格が高くデザインはシンプル。
  • PCを購入するなら生協PCは避けよう。
  • おすすめPCはWindows、Office搭載型、薄くて持ち運び可能なノートPC。

人生初めてのPC購入は情報もなく、必要以上のスペックのPCを買ってしまう可能性があります。

生協パソコンに14万出すなら、ネットで半額程度のノートパソコンを購入して、残りのお金で旅行にいくのがいいと思います!人生観広がりますしね!

www.sushi4taro.com

パソコンに購入に迷ったときは、間違いなくネットで買うのをおすすめします!

by すし太郎

ABOUT ME
すし太朗
すし太朗
某食品メーカーで研究職をしています。 得意: 乳酸菌、腸活、微生物、殺菌、善玉菌 趣味:ゴルフ、スポーツ観戦、ドラマ鑑賞、料理 専門の微生物学の知識を活かして、「誰かの生活を良くする情報発信」を心がけて、腸活情報や乳酸菌サプリのレビュー、除菌剤レビューを行っています。 発酵で生活を豊かに!がモットー

コメントを残す