乳酸菌&ヨーグルト

【決定版】ヨーグルトが固まらない!ヨーグルトメーカー で失敗した時の確認6ポイント

最近の菌活・腸活ブームで人気の自宅ヨーグルト。

ヨーグルトメーカーや種菌のヨーグルト、牛乳などの材料を準備すれば誰でも簡単に自宅でヨーグルトを作ることが出来るので、興味がある人も多いのでは?

しかし、せっかくヨーグルトメーカーを準備して、自宅で作っても上手くヨーグルトが固まらず失敗してしまった経験はありませんか?

この記事では、乳酸菌開発のプロが初心者でも絶対に失敗しない自宅ヨーグルトの使い方を解説します。

この記事でわかること

    自宅ヨーグルトで起こり易い失敗は?
    ヨーグルトメーカー で失敗した時の4つの確認ポイント
    失敗した時の改善法
    自宅ヨーグルトのおすすめな種菌

それでは説明していきます。

100%成功|ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを簡単に作る方法 発酵食品の中でも、取り入れやすい事で需要の高いヨーグルト。 各メーカーから様々な機能のヨーグルトが発売されています。 ...
【5つの真実】R1ヨーグルト効果・効能の噂を徹底レビュー|効果的な食べ方は○○だった 「インフルエンザ予防や肌荒れ改善に効果的」なヨーグルトとして爆発的な人気と知名度を誇るヨーグルト(株式会社明治)。 こ...

自宅ヨーグルトで作りで起こりやすい失敗の種類は?

ヨーグルトメーカーを使って自宅ヨーグルトを作る時に起こり易い失敗は次の2つです。

  1. ヨーグルトが固まらない
  2. ヨーグルトが酸っぱい

これらの失敗は、誰もが起こしてしまう可能性があるので、1度や2度失敗してしまっても問題ありません。

失敗した時に確認したい6つのポイントを見て、対策すれば成功する可能性が高くなります。

それぞれの確認ポイントを見ていきましょう。

ヨーグルト作りが失敗した時に確認したい6のポイント

    元々、自宅で増やせない種菌を使っている
    種菌のヨーグルトが古い
    種別「牛乳」を使っていない
    牛乳とヨーグルトが混ざっていない
    発酵時間が間違っている
    発酵温度が低い

それぞれのチェックポイントを詳しく説明していきます。

元々、自宅で増やせない種菌を使っている

市販のヨーグルト全てがヨーグルトメーカーで増やせる乳酸菌ではありません。

乳酸菌の種類によっては、酸素があると増えない種菌もいるので、事前にヨーグルト製造に使える種菌かをチェックしましょう。

\種菌に関する記事はこちらをチェック/https://www.sushi4taro.com/entry/yogurt-maker-osusumenyuusankin

  • 種菌で使ったヨーグルトが古い

  • ヨーグルト作りに種菌は新しいものを使っていますか?
  • 乳酸菌は繰り返して発酵させると、パワーが弱くなっていく微生物です。
  • なので、自宅で作ったヨーグルトを再度繰り返してヨーグルトを発酵させる時は2回を限度にしましょう。
  • 極力、毎回新しいヨーグルトを使うのをお勧めします。
  • ドリンクタイプであれば、半分使って半分冷凍保存しておくことが出来るのでおすすめ。
  • 種別「牛乳」を使っていない

  • ヨーグルト作りに使う牛乳は種別牛乳を使う必要があります。
  • その他の低脂肪乳や成分調整乳は、乳酸菌発酵が上手く進まないのでオススメしません。
  • もし、どうしても低脂肪乳や豆乳を使ってヨーグルトを作りたいなら飲むヨーグルトを作りましょう。
  • 牛乳とヨーグルトが混ざっていない

  • ヨーグルトと牛乳はきちんと混ざっていますか?
  • 均一にヨーグルトと牛乳が混ざっていれば、ヨーグルトメーカー での自宅ヨーグルトの成功率は高くなります。
  • 均一に混ぜるためには、固形タイプのヨーグルトよりもドリンクタイプのヨーグルトがおすすめ。
  • 混ぜるようのスプーンも家庭用よりも、専用スプーンの方が長くて使いやすいのでおすすめです。
  • https://www.sushi4taro.com/entry/kinkatsu-yogulu-hikaku-maker
  • 発酵時間が間違っている

  • 自宅ヨーグルトにとって、発酵時間は重要です。
  • 短かすぎると、ヨーグルトがきちんと固まらず、長すぎると乳酸発酵が進み、酸っぱいヨーグルトが出来上がってしまいます。
  • なので、発酵時間を設定できるヨーグルトメーカーを使うのがおすすめ
  • https://www.sushi4taro.com/entry/kinkatsu-yogulu-hikaku-maker
  • 発酵温度が低い

  • 種菌に使ったヨーグルトの乳酸菌に最適な温度でヨーグルトを作れていますか?
  • 最適温度で乳酸菌を発酵させなければ、雑菌の繁殖が進んだり乳酸菌の発酵が不十分になってヨーグルト作りの失敗原因になってしまいます。
  • 発酵温度調整機能が備わったヨーグルトメーカーを使いましょう。
  • https://www.sushi4taro.com/entry/kinkatsu-yogulu-hikaku-maker
  • ヨーグルトメーカーで自宅ヨーグルトが失敗する原因と6つの確認ポイントまとめ

    ヨーグルトメーカーを使った自宅ヨーグルト作成での失敗ランキングの上位は

    1. ヨーグルトが固まらない
    2. ヨーグルトが酸っぱい

    と言った悩みです。

    これらの悩みは、以下の4つのポイントを確認してみましょう。

    1. 元々、自宅で増やせない種菌を使っている
    2. 種菌のヨーグルトが古い
    3. 種別「牛乳」を使っていない
    4. 牛乳とヨーグルトがきちんと混ざっていない
    5. 発酵時間が間違っている
    6. 発酵温度が低い

    正しく材料を用意して、正しい発酵温度と時間でヨーグルトを作れば誰でも簡単にヨーグルトメーカーを使いこなせます。

    自宅ヨーグルトに失敗してしまう人は、材料と発酵条件を見直してみましょう。

    ABOUT ME
    すし太朗
    すし太朗
    某食品メーカーで研究職をしています。 得意: 乳酸菌、腸活、微生物、殺菌、善玉菌 趣味:ゴルフ、スポーツ観戦、ドラマ鑑賞、料理 専門の微生物学の知識を活かして、「誰かの生活を良くする情報発信」を心がけて、腸活情報や乳酸菌サプリのレビュー、除菌剤レビューを行っています。 発酵で生活を豊かに!がモットー